カテゴリー別アーカイブ: Oscar Hammerstein II

[Indian Love Call]Indian Love Call

オットー・ハーバックとオスカー・ハマースタイン二世が作詞を担当し、ルドルフ・フリムルが作曲したオペレッタ【Rose-Marie】のなかに入れられた曲で、1924年の作品だ。この【Rose-Marie】は当時はたいへんなヒット・オペレッタで、ヨーロッパ色の濃いミュージカルのいわば最後の時代における最後のヒットの一つだった。

[My Favorite Things]My Favorite Things

リチャード・ロジャーズとオスカー・ハマースタイン二世によるミュージカル【The Sound of Music】のなかの曲で、1959年の作品だ。ブロードウェイではメアリー・マーティン Mary Martin が歌い、1965年の映画化ではジュリィ・アンドルーズ Julie Andrews が歌った。

[Bill]Bill

カーンが作曲し、ウドハウスが作詞し、ミュージカル【Show Boat】に使われた曲だ。舞台ではヘレン・モーガンが歌い、彼女の歌も彼女も大変有名になった。また’36年のユニヴァーサルの映画化『Show Boat』でもやはり彼女が歌い、’51年のMGM版ではエヴァ・ガードナーが歌っている。

[I’ll Take Romance]I’ll Take Romance

ハマースタイン二世が作詞し、ベン・オウクランドが作曲した’37年のワルツで、同名の映画『I’ll Take Romance』(Columbia)の主題歌として使われた。これはそのなかではグレイス・ムーアによって歌われ、またその後トニー・マーティンのレコードによってヒットした。

[Last Time I Saw Paris, The]The Last Time I Saw Paris

オスカー・ハマースタイン二世とジェロウム・カーンの’40年のヒット曲で、映画やミュージカルとは関係なくつくられている。ハマースタインは子供のころからパリをよく知っていてパリが大好きだったので、ドイツ軍のパリ占領(1940年6月)に心を痛め、駆られるようにしてこの詩を書いたという。

[Make Believe]Make Believe

オスカー・ハマースタインニ世が作詞と台本を、ジェロウム・カーンが作曲を担当した1927年のミュージカル【Show Boat】のなかの曲である。【Show Boat】は最初のアメリカのミュージカルであるという解釈、評価がなされている。