カテゴリー別アーカイブ: R&B

[Alright, Okay, You Win]Alright, Okay, You Win

’55年にカウント・ベイスィ楽団をバックにジョウ・ウィリアムズの歌でヒットした曲で、スィド・ワイチとメイム・ワッツの二人が書いている。この曲は有名なスタンダード曲にはなったが、スタンダード曲のなかではかなり新しい方に属する曲だ。

[Flamingo]Flamingo

エドマンド・アンダーソンとテッド・グルーヤの二人が’41年のミュージカル【Big Top】に書いた曲だが、このミュージカルは小さな興行だったようで、どこにも資料らしきものが見当たらず、詳しいことは判らなかった。

[I’m Walkin’]I’m Walkin’

1950年代に大活躍したR&B系のピアニストで歌手のファッツ・ドミノがデイヴ・バーソロミューとともに書いた曲である。’57年に発表された彼のレコードが最初のものだった。ロック歌手でのちにプレスリーなどと肩を並べて活躍するリッキー・ネルソンがデビューでこの曲を歌ったのも、同じ年だった。

[Kansas City]Kansas City

ジェリー・リィバーとマイク・ストラーの二人の手になるブルースで、映画やミュージカルとは関係なく1952年に作られている。同年リトゥル・ウィリー・リルフィールド Little Willie Littlefield が歌い、それは小さなヒットに留まったが、’59年にウィルバート・ハリソン Wilbert Harrison が歌って大きなヒットになっている。それからは多くの人が録音し、なんと300点も出ているという。