カテゴリー別アーカイブ: 第11巻

【研究】曲づくりに要する時間

ジェリィ・ゴフィンはキャロル・キングと’60年代に多くのヒット曲を書いた。ジョウ・スミス著《Off the Record》における彼の談話はなかなか面白いので、そこから拾い書きしてみよう。

【研究】【Jubilee】について

ミュージカル【Jubilee】のできあがる顛末とその内容はたいへん興味深いものなので、色いろな参考書から少少ひろい書きしてみよう。それはポーターとモス・ハートがミュージカルについての考え方などで意気投合し、’35年初めにフランコニア号という豪華客船に乗り、その船上でミュージカルの脚本や曲のアイデアをまとめようと、四カ月半の世界一周旅行に出たことから始まった。

【研究】ヴァーノン・デューク

ロレンズ・ハートやヴァーノン・デュークのように、恵まれた才能をもちながらなにか大きな負の面をかかえこんでいる人というのは、私にはとても興味がそそられる。デュークという人は、才能に溢れていたにもかかわらずそれをうまく生かす世渡りの術に欠けていた人だと言えるかもしれない。

[You’ve Got a Friend]You’ve Got a Friend

これはキャロル・キングが作詞も作曲もした’71年の作品だ。’70年代のロック・フュージョン・ブームの先鞭を切った曲と言えるし、新しい時代、新しい世代の歌としてジャズ歌手も多く歌っている曲だ。

[Strange Fruit]Strange Fruit

これはビリー・ホリデイの十八番として知られたナンバーで、多分に彼女がつくったように誤解されているが、ルイス・アランという詩人の書いた’39年の作品である。