カテゴリー別アーカイブ: 第12巻

【研究】サミー・カーンとゲットー

サミー・カーンはニューヨークの Lower East Side と言われる貧民街の出身だった。そういう貧民街の、それもたいてい同じ人種でかたまっている一角をゲットー ghetto というが、ユダヤ系のカーンはニューヨークのユダヤ人ゲットーから出てきた。

【研究】サミー・カーン

ミュージカル【Glad To See Ya】の主役エディ・デイヴィスが事故に会ったとき、まだ代役が用意されていなかった。ミュージカルは本公演なら普通は代役 understudy が用意されているが、このときはなにしろトライアウトの一週目でまだそれどころではなかったのだ。

【研究】トーチ・ソング

トーチ・ソングの torch という単語にはもともと〈松明〉の意味がある。たいていは carry a(the) torch for… というかたちで使われるが、それはアメリカだけの俗語的用法で、政治家の選挙運動などで昔は支持者たちが松明をもって行進したりしたことからできてきた表現ではないかとされている。

[Under a Blanket of Blue]Under a Blanket of Blue

クレディットでは共作となっているが、ジェリー・リヴィングストン作曲で、アレン・J・ニーバーグとマーティ・サイムズ作詞の、’33年の作品だ。映画、ミュージカルとは関係なく、2小節目で短三度の音にいく甘ったるいメロディをグレン・グレイとカサロマ・オーケストラがヒットさせた。

[Take the A Train]Take the A Train

デューク・エリントン楽団のおはこで、ビリー・ストレイホーンの’41年の作品だ。ニューヨークの地下鉄の路線がそのまま題名になっていて、ジャズのスタンダード・ナンバーとしてはもっとも知名度の高い一曲である。

[Stardust]Stardust

ホウギィ・カーマイケルの言わずと知れた名曲で、ミッチェル・パリッシュの歌詞が’29年につけられている。が’27年10月31日にカーマイケル自身が録音しているから、二年前にはもうインストゥルメンタルとして完成していたようだ。

[September in the Rain]September in the Rain

アル・デュビンが歌詞を、ハリー・ウォレンが曲を書き、’35年の映画『Stars over Broadway』(Warner)に使われた曲だ。この映画にはオペラ歌手のジェイムズ・メルトン James Melton が主演し、ジェイン・フロウマンがデビューしたが、そこではこの曲は背景に流れるだけだった。