カテゴリー別アーカイブ: Howard Dietz

[Moanin’ Low]Moanin’ Low

ハワード・ディーツ作詞、ラルフ・レインジャー作曲で’29年につくられ、レヴュー【The Little Show】に使用挿入された。このレヴューはディーツが作曲のアーサー・シュワーツと組んだ最初のもので、ケイ・スウィフトとポール・ジェイムズの[Can’t We Be Friends]など他の作詞家、作曲家の曲も使われていた。

[By Myself]By Myself

これはハワード・ディーツとアーサー・シュウォーツのコンビによる曲で、’37年のミュージカル【Between the Devil】のために書かれたものだ。そのなかではジャック・ブキャナン Jack Buchanan によって歌われた。

[You and the Night and the Music]You and the Night and the Music

ヴァースの部分は大変訳しにくい。Song is in the air などという文章は意味は易しいがぴったりとした日本文はなかなか見つからない。そのあとの telling us romance is ours to share も同様だ。コーラスに入ってもやはり訳しにくいことに変わりない。こうなると、意味を解するということと、訳文を作るということは、まったくべつのことになってしまうので、また厄介だ。