カテゴリー別アーカイブ: Al Dubin

[I’ll String Along with You](You May Not Be an Angel but) I’ll String Along with You

アル・デュビン作詞、ハリー・ウォレン作曲で、1934年の映画『Twenty Million Sweethearts』に使われた曲である。この映画にはディック・パウエル Dick Powell、ジンジャー・ロジャーズ、ミルズ・ブラザーズ、テッド・フィオリト楽団 Ted Fio Rito & His Orchestra などが出演し、フィオリト楽団でマズィ・マルセリーノ Muzzy Marcellino 歌のレコードが5月に出て1位を5週維持し、14週チャート入っていた。

[September in the Rain]September in the Rain

アル・デュビンが歌詞を、ハリー・ウォレンが曲を書き、’35年の映画『Stars over Broadway』(Warner)に使われた曲だ。この映画にはオペラ歌手のジェイムズ・メルトン James Melton が主演し、ジェイン・フロウマンがデビューしたが、そこではこの曲は背景に流れるだけだった。

[Forty Second Street]Forty Second Street

アル・デュビン作詞、ハリー・ウォレン作曲になる’33年のミュージカル映画『42nd Street』(Warner)の主題歌である。そのなかではルビー・キーラーがこれを歌い、ほかにディック・パウエル、ジンジャー・ロジャーズらが出演した。

[Shanghai Lil]Shanghai Lil

この曲はアル・デュビン作詞、ハリー・ウォレン作曲で、’33年のミュージカル映画『Footlight Parade』(Warner)に挿入されたものだ。そして主演のジェイムズ・キャグニィとルビィ・キーラーがこれを歌っている。

[Lullaby of Broadway]Lullaby of Broadway

これはアル・デュビン作詞、ハリー・ウォレン作曲の’35年に書かれた曲で、同年のミュージカル映画『Gold Diggers of Broadway』(Warner)に使われた。そのなかではウィニ・ショー Wini Shaw が歌い、この曲は創設二年目のアカデミィ主題歌賞をもらった。

[For You]For You

アル・デュビン、ジョウ・バークの手になる1930年の曲で、翌’31年に映画『Holy Terror』に挿入された。映画の方はそれっきり忘れられ、この曲だけが残ったと言えそうだ。非常に単純でわかりやすい曲だが、その単純さで売れたのかもしれない。

[Lulu’s Back in Town]Lulu’s Back in Town

作詞アル・デュビン、作曲ハリー・ウォレンの1935年の作品である。そして同年の映画『Broadway Gondlier』(Warner)に使用され、ディック・パウエルとミルズ・ブラザーズがこの曲を歌い、ほかにもジョウン・ブロンデル Joan Blondell、テッド・フィオリト楽団などが出演した。