カテゴリー別アーカイブ: 第7巻

【研究】ジャイヴと黒人口承文化

jive の意味は〈お喋り〉と書いたが、実はほかにもたくさんの意味がある。元もとは〈だます、馬鹿にする、からかう〉という意味だが、黒人のあいだから生れてきた言葉で、語源ははっきりしていない。ギネス版《ジャズ・コンパニオン》によると、最初にプリントされたのは’28年のルイ・アームストロングのレコードの[Don’t Jive Me]と[Don’t Give Me That Jive]という曲名だという。

【研究】アメリカ的なもの 3

19世紀末から20世紀初めにかけて、アメリカのミュージカルやティン・パン・アレイの作曲家たちは、ヴィクター・ハーバートのようにヨーロッパ系の人が多かった。

【研究】コットン・クラブ物語り 7

禁酒法廃止案を批准した州は’33年の12月に必要な数に達し、その廃止は公的なものとなった。これはいわばアメリカがアメリカに送ったクリスマス・プレゼントになったが、コットン・クラブはこの贈り物に喜んではいられなかった。不況も大きくクラブの営業成績に響いていたし、禁酒法廃止はニューヨークのナイト・ライフからその一番大きな魅力である〝スリル〞を奪ってしまったのだ。

【研究】コットン・クラブ物語り 6

’33年の春からは、デューク・エリントン楽団がまたコットン・クラブに戻ってきた。ケーラーとアーレンは4月のショウに新曲を書き、ハーマン・スタークはその曲を歌う歌手としてエセル・ウォーターズを雇った。エセルはシカゴでアル・カポネのやっている店に出ていたが、どうも彼女のスターへの歩みはこのところ停滞気味で、ニューヨークへ戻ってきたところだった。

[Twelfth Street Rag]Twelfth Street Rag

ラグと名にあるように、’14年にユーデイ・L・ボウマンによって書かれたラグタイム曲である。デイヴィド・イーウェンはクラシック(古典)と呼んでいるが、まさに古典ゆえだろうか、書物によってそのつくられた年代が同じでなく、’11年、’09年などと書いてあるものもあった。

[’Tis Autumn]’Tis Autumn

ヘンリィ・ニーモが’41年に作った曲で、ミュージカルや映画とは関係なくつくられている。スタンダード曲のなかでもあまり目立たない地味な曲だが、面白い楽しい歌詞で通には好まれている歌だ。

[Stormy Weather]Stormy Weather

ケーラーとアーレンが’33年の【Cotton Club Parade】に書いた曲で、エセル・ウォーターズが歌った。アーレンはこれを最初キャブ・キャロウェイの歌として書いたが、ケーラーが書いた詞はキャロウェイ向きではなく、結局ウォーターズの曲となった。