カテゴリー別アーカイブ: Mack David

[Blue and Sentimental]Blue and Sentimental

カウント・ベイスィ、ジェリー・リヴィングストン、マック・デイヴィドの三人が作った’38年の作品で、映画、ミュージカルとは関係ない。この曲の詳しい資料は見つからなかったが、ベイスィとリヴィングストンがインストゥルメンタルとして’38年に作曲し、デイヴィドが’47年に作詞したものだ。

[Candy]Candy

これは作詞マック・デイヴィド、作曲ジョウン・ウィットニー、アレックス・クレイマーで1944年につくられた曲だ。作詞家として有名なジョニー・マーサーがこの頃は歌手としても活躍していて、ジョウ・スタッフォードとパイド・パイパーズとともにこれを歌った。

[Vie en Rose, La]La Vie en Rose

フランスの有名なシャンソン歌手エディット・ピアフが書いた歌詞で、曲はR・S・ルイギィが書いている。ピアフが最初にこれを書いたのは1942年らしいが、ルイギィが曲をつけて’46年にレコードが出され、彼女の生涯最大のヒットになった。