[My Romance]My Romance

【解説】──ロマンテイックな小道具などいらない

これはロジャーズ/ハートの’35年の作品で、同年11月のミュージカル【Jumbo】のなかに使用された曲だ。そのなかではドナルド・ノヴィス Donald Novis とグロリア・グラフトンによって歌われた。このミュージカルはロジャーズとハートがハリウッドからブロードウェイヘの復帰第一作で、34万ドルもかけたビリー・ロウズの大作だったが、233回とそれほど長続きはしなかった。といっても同年9月の【At Home Abroad】が198回、10月の【Porgy and Bess】が124回、【Jubilee】が169回と、この年はミュージカルがとくに不調の年だったようだ。[Little Girl Blue]も参照されたし。またこのミュージカルの映画化『Jumbo』(MGM, ’62)ではドリス・デイがこの曲を歌った。

ハートは都会的で洗練された作詞家の代表だが、ロジャーズは「しかしラリィ(ハート)が単純素朴な生活にも魅了されていたことを見過ごしてはこまる。[There’s a Small Hotel]や〝our blue room far away upstairs 二階のおくの僕らの青い部屋〞([Blue Room])といった表現にある自然で素朴な美への共感や、[My Romance]のなかの〝二人の人間が本当に愛しあっているならありふれたロマンティックな小道具などいらない〞と考える彼の態度なども忘れないでほしい」と、かつて季刊誌《Dramatists Guild Quarterly》に書いている。


【補遺】──音階通りの歩調で書く

この曲はヴァース12小節、コーラスABAC32小節という構成になっている。アレック・ワイルダーはヴァースを「意外にも、がっかりさせるほどつまらないもので、ロジャーズのヴァースでは珍しくコーラスになんら関連性をもっていない」と評し、コーラスは「ロジャーズの曲作りの至芸のなかでは端の方に位置するだろうが、それでも称賛に価するほどよく書けている。Aのメロディは二度ずつ動いていき、音階通りの歩調で書いていく(step-wise writing)典型的な例だが、Bのひろい音程と巧妙な対照を見せている」と書いている。

アンドルーズ・スィスターズはミディアム遅めのテンポで、1コーラス半を歌いっぱなしてエンディングに入っている。それは軽いスウィングだが、ドリス・デイは弦も入ったオーケストラをバックにバラードにしている。ほとんどルバートで1コーラスだけで終えている。カーメン・マクレエもスローの4ビートで1コーラス半を歌いっぱなしている。初期のものであまり変化していないが standing by を passing by と歌っている。モーリーン・オハラはオーケストラと速めのバラードで、1コーラス、間奏のあとBの終りからまた歌っている。素晴らしい声と歌だが完全にクラシックの唱法と感覚でジャズっぽさはまったくない。ヴィク・ダモンはハープシコードやフルートの伴奏がついたバラードで1コーラスだけ歌っていて、これもややクラシカルな雰囲気の歌だ。メル・トーメはオーケストラとともにボレロ風バラードで歌っている。それは1コーラス半を歌いっぱなして終えている。アカペラのスィンガーズ・アンリミティドはルバートで1コーラス歌い、転調してCから入り終えているが、ハーモニィが激しく変遷し、うっかりすると転調が判らないほどだ。エラ・フィッツジェラルドはミディアム・スローで、飾り気なく素直な歌い方だ。1コーラス、間奏、後半と歌っている’54年のリー・ワイリィはミディアム・スローの4ビートで、枯れた味の歌になっている。1コーラス、間奏、Cと歌ってこれも簡素な終りかただ。Vディスク(戦争中に米軍から兵隊用に出されたレコード)のフランク・シナトラはミディアム・スローで、女性コーラスをまじえながら2コーラス歌っている。彼は《1949 Lite Up Time Shows》でもドロスィ・カーステン Dorothy Kirsten と二人で歌っていて、アレンジもほぼ似ている。メイヴィス・リヴァーズはバラードで1コーラス歌ったあと、速い6/8拍子でスウィングして、さらに1コーラスずつ歌、アドリブ、歌とすすめている。テンポの速い唱奏はビル・エヴァンズの演奏あたりから散見されるようになってきたものと思うが、歌は圧倒的にバラードとしての解釈が多いようだ。ヴァースを歌っているものは残念ながら私は聴けなかった。