カテゴリー別アーカイブ: Blues

[Twisted]Twisted

この曲はテナーサックス奏者のウォーデル・グレイがつくったインストゥルメンタルのブルースである。1949年に彼がアル・ヘイグ Al Haig、トミー・ポッター Tommy Potter、ロイ・ヘインズ Roy Haynes らとともにレコーディングしたのが最初の録音で、それからのちにアニィ・ロスがメロディだけでなくグレイのアドリブにまで歌詞をつけて歌い、いわばヴォウカリーズ vocalise 曲として完成させた。

[Why Don’t You Do Right?]Why Don’t You Do Right?

これはブルースマンでギタリストのジョウ・マッコイが1942年に書いた曲で、ペギー・リーがベニー・グッドマン楽団で歌って大ヒットした。ちょうど戦争が始まったばかりだったので、百万枚にわずかに欠けるほど売れたこの盤が、’42~’43年にはもっとも売れたレコードになったという。

[Work Song]Work Song

’60年にトランペッターのナット・アダレイがつくり、彼と兄のジュリアン・キャノンボール・アダレイ率いるグループが演奏してヒットした曲だ。のちに歌手のオスカー・ブラウン・ジュニアが歌詞をつけて歌った。

[You, Rascal You (I’m Glad When You’re Dead)]You, Rascal You (I’m Glad When You’re Dead)

コミック・タレントで役者でもあり歌手でもあったサム・サードが書いた曲で、1931年のクレディットになっている。彼はこの曲をかなり前に書きあげていたようで、’29年6月にもうブルース歌手でピアニストのカウ・カウ・ダヴェンポート Cow Cow Davenport とレコーディングしている。