[電子書籍]アメリカ文化とポピュラー音楽

村尾陸男・著『アメリカ文化とポピュラー音楽』
著者
村尾陸男
ジャンル
文化、音楽、評論
ファイル形式
EPUB3 / MOBI
頁数
118(※1)
配信方式
ダウンロード
配信開始日
2016年1月15日
価格
725円(税込783円)

※1 1行24文字、1頁20行でレイアウトした場合の総頁数です。

《ジャズ詩大全》の著者による書き下ろし電子書籍です。

─ 本書の内容 ─

目次

  1. アメリカ黒人とジャズ
  2. アメリカのユダヤ系音楽家
  3. 20世紀アメリカの文化形成

本文より

 ジャズはアメリカ黒人が作ったものである。彼らが白人音楽を吸収してジャズを作ったもので、アメリカ人はよく hybrid(混血)という言い方をする。この表現は概して白人は喜んで使いたがるが、混血であっても白人が黒人を強姦してできた混血だ、と私はよく比喩的に言ってきた。もちろんこれはあまりにも穿った言い方だと非難されるかもしれない。しかし両者が愛しあって結ばれてできた混血でないことは確かである。仕方なしにできた混血というところだろうか。つまり、黒人が白人音楽を(やむを得ず)吸収してジャズを作ったものであって、白人が黒人音楽を吸収してジャズを作ったのではない。それは不思議なことだが間違いないことであり、そこにはいくらか意味がありそうだ。ただ最初のうちは「黒人が白人音楽を吸収してジャズを作った」が、進むにつれて「白人が黒人音楽を吸収する」ということも起きてくるし、アメリカはいろいろな人種が入りまじっているので、そのうちいちいちなに人がなに人の音楽を吸収したのか明確に言えない事態になってくる…

─ 講読コンテンツ ─

[購読]《アメリカ文化とポピュラー音楽》パッケージ」をお求めいただくと本書で触れている以下の楽曲の詳細をご覧いただけます。

*[ ]内は《ジャズ詩大全》の巻数と曲番号です。巻数の代わりの“CH”と“IB”はそれぞれ《別巻・クリスマス編》と《別巻・アーヴィング・バーリン編》を表します。

ダウンロード版を購入

※端末にファイルをインストールしてご覧いただくタイプです。ご利用のビューア/リーダーに合ったファイル形式をお選びください。お支払い方法はPayPal(クレジットカード)決済、または銀行振込からお選びいただけます。

※ブラウザでご覧いただくタイプです。特別な設定は必要なく、ご利用のブラウザですぐにご覧いただけます。但し、閲覧の際はインターネットに接続する必要があります。「Yondemill(ヨンデミル)」でのご購入となり、お支払い方法はクレジットカード決済またはキャリア決済(docomo, au, softbank)からお選びいただけます。

─ 電子書籍について ─

  • 本書の電子書籍データはDRM(デジタル著作権管理)フリーです。複製は著作権法で定められた私的利用の範囲において許諾いたします。
  • ファイル形式はEPUB 3形式(iBooks他)とMOBI形式(Kindle)がございます。ご利用の電子書籍リーダー/ビューアに合った形式をお選びください。
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
This entry was posted.