[購読]West End Blues

1928
作詞/クラレンス・ウィリアムズ Clarence Williams
作曲/ジョウ・キング・オリヴァー Joe ‘King’ Oliver

内容:
解説、英詞、日本語訳
配信方式:
ストリーミング
購読期間:
無期限
価格
250円(税込270円)
カートに追加

《SNS ディスカウント》

ツイート、いいね!、G+1で5% OFF! お会計時に本品を値引させていただきます。

この曲は、ピアニストで作曲家として多く曲を書いているクラレンス・ウィリアムズが作詞にまわり、アメリカジャズ界の草分け的存在だったコルネッティストのジョウ・キング・オリヴァーが作曲したもので、’28年の作品である。

ウィリアムズ(1898-’65)はルイズィアナ州に生れ、12歳でプロのエンタテイナーとして仕事を始めたが、ミンストレル・ショウに加わってそのまま家出をしてしまうほどで、よほど音楽の仕事が好きだったのだろう。ニューオルリンズに出て、ジェリー・ロウル・モートンとも一緒に仕事をし、自分のバンドをつくっておもにヴォードヴィルなどで活躍した。曲づくりのほうにもしっかりと関心があって、彼は早くから楽譜出版会社をつくって曲を書き出版している…

── 本文より

─ 購読について ─

  • コンテンツをご覧いただくにはインターネットへの接続が必要です。
  • 本品をご購入いただきますとこちらのページがアクティベートされ閲覧可能になります。
  • ご購入済みコンテンツは購入履歴でご確認いただけます。
This entry was posted.