[購読]Something’s Gotta Give

1955
作詞・曲/ジョニー・マーサー Johnny Mercer

内容:
解説、英詞、日本語訳
配信方式:
ストリーミング
購読期間:
無期限
価格
250円(税込270円)
カートに追加

《SNS ディスカウント》

ツイート、いいね!、G+1で5% OFF! お会計時に本品を値引させていただきます。

これはジョニー・マーサーが1955年の映画『Daddy Long Legs』(20th Century-Fox)に書いた曲で、作詞家として押しも押されもせぬ彼が詞、曲両方をやった珍しい例である。そのなかでは主演のフレッド・アステアが共演のレスリー・キャロンと踊る合間にダンス・パーティでこれを歌った。そしてサミー・デイヴィス・ジュニアやマグワイア・スィスターズのレコードが有名になった。

『足ながおじさん』と邦題のついたこの映画の原作は1912年にジーン・ウェブスター Jean Webster(1876-1916)が書き、’14年に戯曲にもしているが、過去’19年と’31年に二度映画化されている。背の高い資産家の主人公がパリの孤児院で見つけた妖精のような少女に、自分の名を明かさないという条件で、アメリカで教育を受ける奨学金を提供する。大学の寮に入った彼女は、彼に〝足ながおじさん〞とあだ名をつけて手紙を送り始める、といった物語りだ…

── 本文より

─ 購読について ─

  • コンテンツをご覧いただくにはインターネットへの接続が必要です。
  • 本品をご購入いただきますとこちらのページがアクティベートされ閲覧可能になります。
  • ご購入済みコンテンツは購入履歴でご確認いただけます。
This entry was posted.