[購読]Something to Live For

1939
作詞・曲/デューク・エリントン Duke Ellingtonビリー・ストレイホーン Billy Strayhorn

内容:
解説、英詞、日本語訳
配信方式:
ストリーミング
購読期間:
無期限
価格
250円(税込270円)
カートに追加

《SNS ディスカウント》

ツイート、いいね!、G+1で5% OFF! お会計時に本品を値引させていただきます。

これはデューク・エリントンとビリー・ストレイホーンの1939年の作品で、共作ということになっている。彼らの作品はどちらが書いたか判らないものも多いが、この曲は80パーセントほどはストレイホーンによると考えていい。

ストレイホーン(1915-’67)は’38年の12月にピッツバーグのスタンリー劇場でエリントンに会った。彼は自分の書いた曲をエリントンに見せたが、それがこの曲だった。エリントンはまだ20代前半の彼の洗練された歌詞と音楽に強く印象づけられ、〝そのうちこの曲をなんとかしよう〞と約束した。ところがストレイホーンは三ヶ月後の翌年2月にニューヨークのエリントンのところに突然おしかけ、例の約束を〝実行してくれ〞ともちかけたらしい。それに押されたのどうか定かではないが、エリントンは彼をピアニストにしてこの曲を録音し、彼を第二ピアニスト兼アレンジャーとして雇ったのだ…

── 本文より

─ 購読について ─

  • コンテンツをご覧いただくにはインターネットへの接続が必要です。
  • 本品をご購入いただきますとこちらのページがアクティベートされ閲覧可能になります。
  • ご購入済みコンテンツは購入履歴でご確認いただけます。
This entry was posted.