[購読]Let There Be Love

1940
作詞/イアン・グラント Ian Grant
作曲/ライオネル・ランド Lionel Rand

内容:
解説、英詞、日本語訳
配信方式:
ストリーミング
購読期間:
無期限
価格
250円(税込270円)
カートに追加

《SNS ディスカウント》

ツイート、いいね!、G+1で5% OFF! お会計時に本品を値引させていただきます。

これはイアン・グラント作詞、ライオネル・ランド作曲で1940年につくられた曲で、ミュージカル、映画とは関係ない。この曲は最初はビギンとしてつくられたようだ。ヒットチャートではサミー・ケイの楽団のレコードが同年4月に4位まで上がり、5月にはケイ・カイザー楽団のものもハリー・バビット Harry Babbitt 歌で15位まで上がった。さらにアル・ドナヒュー Al Donahue 楽団のものや’41年にはアンドルーズ・スィスターズのものも出た。ただこの曲は’59年に映画『The Gene Krupa Story』(Columbia)に使われ、’61年にナット・キング・コールが歌ったものが有名になり、パール・ベイリィ、ジュリィ・ロンドン、サミー・デイヴィス・ジュニアらも歌い、ここらへんで本当にスタンダード曲になったと言えるだろう。可愛らしい歌詞の可愛らしい曲である…

── 本文より

─ 購読について ─

  • コンテンツをご覧いただくにはインターネットへの接続が必要です。
  • 本品をご購入いただきますとこちらのページがアクティベートされ閲覧可能になります。
  • ご購入済みコンテンツは購入履歴でご確認いただけます。
This entry was posted.