[購読]It’s a Lovely Day Today

1950
作詞・曲/アーヴィング・バーリン Irving Berlin

内容:
解説、英詞、日本語訳
配信方式:
ストリーミング
購読期間:
無期限
価格
250円(税込270円)
カートに追加

《SNS ディスカウント》

ツイート、いいね!、G+1で5% OFF! お会計時に本品を値引させていただきます。

これはアーヴィング・バーリンが1950年のエセル・マーマン主演のミュージカル【Call Me Madame】に書いた曲で、そのなかではギャリーナ・タルヴァ Galina Talva とラッセル・ナイプ Russell Nype によって歌われた。もともとこの脚本は、ハリー・S・トルーマン大統領がパーティを主催する花形女性のパール・メスタ Perle Mesta を駐ルクセンブルグ大使に任命したことから、それを皮肉ってつくられた物語りだった。脚本のハワード・リンズィ Howard Lindsay とラッセル・クラウス Russell Crouse は、コール・ポーターの【Anything Goes】以来、マーマンの主演でまたなにか書きたいと常づね思っていた。それは、’49年にリンズィがコロラドの避暑地のホテルに滞在していたとき、ちょうどそこにマーマンもいて、彼女がプールのかたわらに黄色い水着とバンダナ姿で坐っているのを彼が遠くから見ていて思いついたものだった。彼は書いている…

── 本文より

─ 購読について ─

  • コンテンツをご覧いただくにはインターネットへの接続が必要です。
  • 本品をご購入いただきますとこちらのページがアクティベートされ閲覧可能になります。
  • ご購入済みコンテンツは購入履歴でご確認いただけます。
This entry was posted.