[購読]Dinah

1925
作詞/サム・M・ルイス Sam M. Lewisジョウ・ヤング Joe Young
作曲/ハリー・アクスト Harry Akst

内容:
解説、英詞、日本語訳
配信方式:
ストリーミング
購読期間:
無期限
価格
250円(税込270円)
カートに追加

《SNS ディスカウント》

ツイート、いいね!、G+1で5% OFF! お会計時に本品を値引させていただきます。

サム・M・ルイスとジョウ・ヤングが作詞し、ハリー・アクストが作曲した曲で、’24年の夏にニューヨークのナイト・クラブ Plantations Club のレヴューでエセル・ウォーターズが歌った。翌’25年にレコード化されヒットした。デイヴィド・イーウェンは「多分ナイト・クラブのショウからヒット曲が生れた最初の例だろう」と語っている。

アクストとヤングは、ある日、彼らの書いた新曲をもってクラブを訪れ、エセル・ウォーターズにそれを歌ってみないかともちかけた。二人は速いテンポで飛んだり跳ねたりする’20年代風の歌い方で、どちらかと言うとやぼったく彼女に歌って聴かせた。「そんなふうに私に歌えっていうの?」とエセルは訊いた。二人は顔を見合わせて「いやきみの好きなふうでいいんだ」と言った。それでエセルはその曲に全然違う雰囲気を与えて、それをトーチ・ソング的なブルースとでも言うべきものに仕上げたのだ。その彼女の歌い方がこの曲を成功させた要因でもあったろう。最初によく売れたレコードは、彼女のコロンビア盤とサッチモのオーケイ盤で、エディ・キャンターのレコードもよく売れた…

── 本文より

─ 購読について ─

  • コンテンツをご覧いただくにはインターネットへの接続が必要です。
  • 本品をご購入いただきますとこちらのページがアクティベートされ閲覧可能になります。
  • ご購入済みコンテンツは購入履歴でご確認いただけます。
This entry was posted.