[購読]Blue and Sentimental

1938
作詞・曲/カウント・ベイスィ Count Basieジェリー・リヴィングストン Jerry Livingstonマック・デイヴィド Mack David

内容:
解説、英詞、日本語訳
配信方式:
ストリーミング
購読期間:
無期限
価格
250円(税込270円)
カートに追加

《SNS ディスカウント》

ツイート、いいね!、G+1で5% OFF! お会計時に本品を値引させていただきます。

これはカウント・ベイスィ、ジェリー・リヴィングストン、マック・デイヴィドの三人が作った’38年の作品で、映画、ミュージカルとは関係ない。この曲の詳しい資料は見つからなかったが、ベイスィとリヴィングストンがインストゥルメンタルとして’38年に作曲し、デイヴィドが’47年に作詞したものだ。

ジェリー・リヴィングストンは、同じ作曲家のジェイ・リヴィングストン Jay Livingston と世代も近いので混同しやすいが、別人である。彼は’09年デンヴァー生れだが、’32年にニューヨークに出て、バンドのピアニストとして仕事を始めている。そして’40年には自分のオーケストラまでつくるが、結局成功せず解散し、’44年にソング・ライティングに専念して楽譜出版社をつくっている。映画やミュージカルに作品が多いが、スタンダード曲としては[Under a Blanket of Blue]と[It’s the Talk of the Town]が有名だ…

── 本文より

─ 購読について ─

  • コンテンツをご覧いただくにはインターネットへの接続が必要です。
  • 本品をご購入いただきますとこちらのページがアクティベートされ閲覧可能になります。
  • ご購入済みコンテンツは購入履歴でご確認いただけます。
This entry was posted.