[購読]What Is There to Say

1933
作詞/E・Y・ハーバーグ E. Y. Harburg
作曲/ヴァーノン・デューク Vernon Duke

内容:
解説、英詞、日本語訳
配信方式:
ストリーミング
購読期間:
無期限
価格
250円(税込270円)
カートに追加

《SNS ディスカウント》

ツイート、いいね!、G+1で5% OFF! お会計時に本品を値引させていただきます。

これはE・Y・ハーバーグとヴァーノン・デュークの[April in Paris]のコンビが’33年につくった曲で、ビリー・ロウズのミュージカルに使われる予定だったが、それは実現しなかった。代りに’34年のファニー・ブライスが出演した【Ziegfeld Follies of 1934】に挿入使用され、そこではジェイン・フロウマンとエヴァレット・マーシャル Everett Marshall がこの曲を歌っている。が大きなヒットはなく、落ちついたさわやかなバラードとしてジャズ歌手に愛されてきたスタンダード曲である…

── 本文より

─ 購読について ─

  • コンテンツをご覧いただくにはインターネットへの接続が必要です。
  • 本品をご購入いただきますとこちらのページがアクティベートされ閲覧可能になります。
  • ご購入済みコンテンツは購入履歴でご確認いただけます。
This entry was posted.