[購読]There’s a Lull in My Life

1937
作詞/マック・ゴードン Mack Gordon
作曲/ハリー・レヴル Harry Revel

内容:
解説、英詞、日本語訳
配信方式:
ストリーミング
購読期間:
無期限
価格
250円(税込270円)
カートに追加

《SNS ディスカウント》

ツイート、いいね!、G+1で5% OFF! お会計時に本品を値引させていただきます。

これはマック・ゴードンが作詞し、ハリー・レヴルが作曲した作品で、1937年の映画『Wake Up and Live』(20th Century-Fox)に使われた曲だ。そのなかではアリス・フェイが歌い、これは彼女のヒット曲となった。

この映画はウォルター・ウィンチェルとベン・バーニィ楽団が出演したが、それは評論家のウィンチェルとバンド・リーダーのバーニィがラジオで論争をし、その喧嘩をそのまま映画のなかでやってもらい、映画を面白くするという理由からだった。そしてだいたいそのように運び、この映画はかなり成功した。フェイは人生相談を担当していて、そこにマイク恐怖症に怯えているジャック・ヘイリィ扮する歌手が相談に来るという設定だ。ゴードンとレヴルが全曲のスコアを担当し、もう一曲[I Love You Much Too Much Muchacha]も評判がよくヒットした…

── 本文より

─ 購読について ─

  • コンテンツをご覧いただくにはインターネットへの接続が必要です。
  • 本品をご購入いただきますとこちらのページがアクティベートされ閲覧可能になります。
  • ご購入済みコンテンツは購入履歴でご確認いただけます。
This entry was posted.