[購読]The Birth of the Blues

1926
作詞/B・G・デスィルヴァ B. G. DeSylvaルー・ブラウン Lew Brown
作曲/レイ・ヘンダーソン Ray Henderson

内容:
解説、英詞、日本語訳
配信方式:
ストリーミング
購読期間:
無期限
価格
250円(税込270円)
カートに追加

《SNS ディスカウント》

ツイート、いいね!、G+1で5% OFF! お会計時に本品を値引させていただきます。

デスィルヴァ、ブラウン、ヘンダーソンの三人組によってつくられた曲で’26年の【George White Scandals of 1926】に入れられ、舞台ではハリー・リッチマン Harry Richman が歌った。そのなかにブルースとクラシック音楽との闘いの場面があって、そこで歌われたわけだが、その闘いは最後にガーシュウィンの[Rhapsody in Blue]が提示されて妥協点が見いだされるという設定だった。

また’41年のパラマウント映画『The Birth of the Blues』には題名と主題歌として使われ、ビング・クロズビィが歌った。ほかにも多くの映画に使用されているが、’56年の20世紀フォックスのデスィルヴァ、ブラウン、ヘンダーソンの三人の伝記映画『The Best Thigs in Life Are Free』では当然ながらこの曲が挿入され、ゴードン・マクレエ Gordon MacRae が歌っている…

── 本文より

─ 購読について ─

  • コンテンツをご覧いただくにはインターネットへの接続が必要です。
  • 本品をご購入いただきますとこちらのページがアクティベートされ閲覧可能になります。
  • ご購入済みコンテンツは購入履歴でご確認いただけます。
This entry was posted.