[購読]Taking a Chance on Love

1940
作詞/ジョン・ラトゥーシェ John Latoucheテッド・フェッター Ted Fetter
作曲/ヴァーノン・デューク Vernon Duke

内容:
解説、英詞、日本語訳
配信方式:
ストリーミング
購読期間:
無期限
価格
250円(税込270円)
カートに追加

《SNS ディスカウント》

ツイート、いいね!、G+1で5% OFF! お会計時に本品を値引させていただきます。

これはヴァーノン・デュークとジョン・ラトゥーシェが曲を担当した’40年のミュージカル【Cabin in the Sky】に挿入された曲で、今はお馴染みになったスタンダード・ナンバーである。このミュージカルの初日の三日前に第一幕にもう一曲必要になり、デュークがテッド・フェッターとほかで書いたが使わなかった〝Fooling around with love〞という曲を使うことにした。ただミュージカル制作の最初に決める契約のなかに、デュークとラトゥーシェの書いた曲のみ使用するという条項があったので、ラトゥーシェが詩に手を入れて題名も変え、この曲ができあがった。デュークがエセル・ウォーターズに弾いて聞かせると、彼女はほんの八小節聴いただけで「あらあら、これで問題解決ね」と言った。そして初日にウォーターズが歌うと客が大悦びして何度もアンコールされ、結局六回ほど歌うはめになったという。そしてこれは毎日ショウの最中のショウ・ストッパーになった。そして以後この曲は’43年のこのミュージカルの映画化でもウォーターズが歌ったほか、数本の映画に使用されている…

── 本文より

─ 購読について ─

  • コンテンツをご覧いただくにはインターネットへの接続が必要です。
  • 本品をご購入いただきますとこちらのページがアクティベートされ閲覧可能になります。
  • ご購入済みコンテンツは購入履歴でご確認いただけます。
This entry was posted.