[購読]Stompin’ at the Savoy

1936
作詞・曲/アンディ・ラザフ Andy Razafベニー・グドマン Benny Goodmanチク・ウェブ Chick Webbエドガー・サンプソン Edgar Sampson

内容:
解説、英詞、日本語訳
配信方式:
ストリーミング
購読期間:
無期限
価格
250円(税込270円)
カートに追加

《SNS ディスカウント》

ツイート、いいね!、G+1で5% OFF! お会計時に本品を値引させていただきます。

 これはサクソフォン奏者のエドガー・サンプソンが’34年につくった曲で、同年チク・ウェブ楽団がレコードにしたのが最初だ。’35年にベニー・グドマン楽団もこれを吹きこみ、’36年に大きくヒットして、アンディ・ラザフが歌詞を書き楽譜が発売されている。従って[Don’t Be That Way]と事情が似ているが、この場合はグドマンとウェブがクレディトに入りこんでいる。

 サヴォイはハーレムの Savoy Ballroom のことで、コトン・クラブのやや南、そう遠くないレノクス・アヴェニュー596番地に位置していたダンス・ホールだ。それがどんな場所だったのかを、ギネス版《ジャズ・コンパニオン》、オクスフォード版《ポピュラー音楽事典》などでさぐってみよう。開店したのは’26年3月で、一ブロクもの長さがあり、当時もっとも大きく有名なダンス・ホールだったと言っていいだろう。バンド・スタンドが二つあって、バンドが交互に出演した…

── 本文より

─ 購読について ─

  • コンテンツをご覧いただくにはインターネットへの接続が必要です。
  • 本品をご購入いただきますとこちらのページがアクティベートされ閲覧可能になります。
  • ご購入済みコンテンツは購入履歴でご確認いただけます。
This entry was posted.