[購読]Santa Claus Is Comin’ to Town

1934
作詞/ヘイヴン・ガレスピ Haven Gillespie
作曲/J・フレッド・クーツ J. Fred Coots

内容:
解説、英詞、日本語訳、New 楽譜(リードシート)
配信方式:
ストリーミング
購読期間:
無期限
価格
450円(税込486円)
特別価格
250円(税込270円)※ 2017年12月25日迄
カートに追加

《SNS ディスカウント》

ツイート、いいね!、G+1で5% OFF! お会計時に本品を値引させていただきます。

これはヘイヴン・ギレスピ、J・フレッド・クーツの二人が1934年に書いた曲で、今や日本でも知らない人がいないくらいに有名になった。’34年9月下旬の雨の日にギレスピはニューヨークの Leo Feist 楽譜出版社のエドガー・ビトナーに呼び出されて、子供向けのクリスマス曲の依頼を受けた。もう時間がなく遅いと彼は文句を言ったが、きみは子供向けの歌詞を書くのがとくにうまいからとおだてられて、結局押しきられてしまった。友達で作曲家のクーツと二人で出版社を出て地下鉄に乗り、なにかヒントになるものがないかと彼は広告を片っ端から見ていき、クーツは過ぎていく通りの名前を一つ一つ声を出して読み上げていった。すると突然彼の頭のなかにずいぶん前の子供の時のクリスマスの思い出が蘇ってきたのだ。彼の母がいつも言っていた言葉だった…

── 本文より

─ 購読について ─

  • コンテンツをご覧いただくにはインターネットへの接続が必要です。
  • 本品をご購入いただきますとこちらのページがアクティベートされ閲覧可能になります。
  • ご購入済みコンテンツは購入履歴でご確認いただけます。
This entry was posted.