[購読]Rose Room

1917
作詞/ハリー・H・ウィリアムズ Harry H. Williams
作曲/アート・ヒックマン Art Hickman

内容:
解説、英詞、日本語訳
配信方式:
ストリーミング
購読期間:
無期限
価格
250円(税込270円)
カートに追加

《SNS ディスカウント》

ツイート、いいね!、G+1で5% OFF! お会計時に本品を値引させていただきます。

これはサン・フランスィスコのバンド・リーダーのアート・ヒックマンが’17年に作曲した彼のバンドのテーマで、最初は彼の出演していたサン・フランスィス・ホテルのローズ・ルームで自身で出版した楽譜を宣伝を兼ねて売っていた。が彼のレコードが売れて注目を浴び、楽譜出版社がハリー・ウィリアムズに作詞を依頼し、’19年にこれを発売した。そしてヒックマンのバンドはニューヨークに移って、ニューヨークじゅうのホテルやキャバレーのバンドがこぞってこの曲を演奏し、これはダンス曲の典型になったが、スィドニー・ベシェ、ポール・ホワイトマン、ベニー・グッドマンらが採りあげてスタンダード曲となっていった。作詞のウィリアムズはホテルの〝薔薇の間〞みたいな題名を嫌ったのだろうか、Rose Room という言葉は歌詞のどこにもなく、ヴァースでわずか〝薔薇が咲いている部屋〞と語っているだけである…

── 本文より

─ 購読について ─

  • コンテンツをご覧いただくにはインターネットへの接続が必要です。
  • 本品をご購入いただきますとこちらのページがアクティベートされ閲覧可能になります。
  • ご購入済みコンテンツは購入履歴でご確認いただけます。
This entry was posted.