[購読]It’s Been a Long, Long Time

1945
作詞/サミー・カーン Sammy Cahn
作曲/ジュール・スタイン Jule Styne

内容:
解説、英詞、日本語訳
配信方式:
ストリーミング
購読期間:
無期限
価格
250円(税込270円)
カートに追加

《SNS ディスカウント》

ツイート、いいね!、G+1で5% OFF! お会計時に本品を値引させていただきます。

これはカーンとスタインのコンビによる曲で、[Five Minutes More]と同じように戦時中または戦後の社会的雰囲気をつかんだヒット曲である。映画、ミュージカルとは関係ない。コール・ポーターの[You’d Be So Nice to Come Home To]と並んで〝戦争歌〞の双璧と言えるかもしれない。カーンは彼の自伝で書いている。

──ある日ジュールに言ったんだ、「この戦争はもうすぐ終わるかもしれないね。なにしろお偉いウォルター・ウィンチェルがそう言ってたからさ。僕らは帰還兵たちを迎える曲をつくらなきゃ」とね・・・たいていの曲は32小節だが、この曲は16小節だった・・・ある記者がかつて僕に〝もっとも収益の多かった曲はなにか〞と訊ねたので、僕は[It’s Been a Long, Long Time]で収益は75,000ドルだと答えたんだ。彼は帰ってから語数を勘定して(約75語だけど)、それから記事に〝サミー・カーンは一語で千ドル稼いだ〞と書いたんだ…

── 本文より

─ 購読について ─

  • コンテンツをご覧いただくにはインターネットへの接続が必要です。
  • 本品をご購入いただきますとこちらのページがアクティベートされ閲覧可能になります。
  • ご購入済みコンテンツは購入履歴でご確認いただけます。
This entry was posted.