[購読]It Came upon the Midnight Clear

1849
作詞/エドマンド・ハミルトン・スィアーズ Edmund Hamilton Sears
作曲/リチャード・スターズ・ウィリス Richard Storrs Willis

内容:
解説、英詞、日本語訳、New 楽譜(リードシート)
配信方式:
ストリーミング
購読期間:
無期限
価格
450円(税込486円)
特別価格
250円(税込270円)※ 2017年12月25日迄
カートに追加

《SNS ディスカウント》

ツイート、いいね!、G+1で5% OFF! お会計時に本品を値引させていただきます。

これはマサチューセッツ州ウェイランド Wayland の統一教会派の教区牧師だったエドマンド・ハミルトン・スィアーズが歌詞を書いたもので、1849年に Christian Register というボストンの教会報12月29日号に載せられた。彼は同州クインスィの司祭で彼の友だったラント W. P. Lunt の要請でこれを書いたという。そして New York Tribune 紙の編集者で評論家であり、フェリックス・メンデルスゾーンについて作曲を勉強したリチャード・スターズ・ウィリスが、’50年に書いた[Carol]という曲がこれにつけられた。できあがるとこれがアメリカで作られた、初めて世界的に認められたクリスマス曲となった。

スィアーズ(1810-’76)はサンディスフィールドという街で生れ、ニューヨークのカレッジでは法律を学んだが、気が変ってハーヴァード大学の神学部に入り、’37年に卒業すると二年後に牧師になった…

── 本文より

─ 購読について ─

  • コンテンツをご覧いただくにはインターネットへの接続が必要です。
  • 本品をご購入いただきますとこちらのページがアクティベートされ閲覧可能になります。
  • ご購入済みコンテンツは購入履歴でご確認いただけます。
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
This entry was posted.