[購読]Glory of Love

1936
作詞・曲/ウィリアム・ヒル William(Billy) Hill

内容:
解説、英詞、日本語訳
配信方式:
ストリーミング
購読期間:
無期限
価格
250円(税込270円)
カートに追加

《SNS ディスカウント》

ツイート、いいね!、G+1で5% OFF! お会計時に本品を値引させていただきます。

これはウィリアム・ヒルの書いた1936年の作品で、映画、ミュージカルとは関係ない。ベニー・グッドマンの演奏が同年5月にヒット・チャートの一位になり、六週間維持し計15週チャートに入った。がのちに映画『Guess Who’s Coming to Dinner』(Columbia, ’67)に使われ、この曲もいくらかリヴァイヴァルした。 ’70-’80年代にはロック・コンサートで歌われたこともあり、案外人気のある曲である。

ウィリアム・ヒル(1899-’40)はビリー・ヒルという名のほうがとおっているようだが、クラシック畑の人だった。ニュー・イングランド音楽院で学び、16歳のときにはボストン交響楽団でヴァイオリンを弾いていたというからかなりの才能の持ち主だ。だが17歳で心機一転して西部に旅だち、カウボーイや金鉱堀をやったり、ダンスホールでピアノやヴァイオリンを弾いたりしていて、なかなかの変り者だった…

── 本文より

─ 購読について ─

  • コンテンツをご覧いただくにはインターネットへの接続が必要です。
  • 本品をご購入いただきますとこちらのページがアクティベートされ閲覧可能になります。
  • ご購入済みコンテンツは購入履歴でご確認いただけます。
This entry was posted.