[購読]A Fine Romance

1936
作詞/ドロスィ・フィールズ Dorothy Fields
作曲/ジェロウム・カーン Jerome Kern

内容:
解説、英詞、日本語訳
配信方式:
ストリーミング
購読期間:
無期限
価格
250円(税込270円)
カートに追加

《SNS ディスカウント》

ツイート、いいね!、G+1で5% OFF! お会計時に本品を値引させていただきます。

ドロスィ・フィールズ、ジェロウム・カーンの二人がRKO映画『Swing Time』に書いた曲で、なかでフレッド・アステアとジンジャー・ロジャーズが歌った。その後カーンの伝記に基づいたミュージカル映画『Till the Clouds Roll By』(’46)にも使われた。

『Swing Time』は最初は I won’t dance と題名がつけられ、次に Never gonna dance と変えられ、三度目にこの題名になったという経緯があった。この swing という言葉が使われたのは正式にはジェリー・ロウル・モートンの’27年録音の曲[Georgia Swing]が最初だというが、事実上は’31年のエリントンの曲[lt Don’t Mean a Thing If It Ain’t Got That Swing](作詞はアーヴィング・ミルズ)がこの言葉の流行の発端となった。そして’35年ごろのベニー・グッドマンの swing era の到来とともに、’30年代中頃はこの swing という言葉は非常に刺激的な流行語となっていたが、そういう背景がこの映画の題名にもこめられている…

── 本文より

─ 購読について ─

  • コンテンツをご覧いただくにはインターネットへの接続が必要です。
  • 本品をご購入いただきますとこちらのページがアクティベートされ閲覧可能になります。
  • ご購入済みコンテンツは購入履歴でご確認いただけます。
This entry was posted.