[購読]The World Is Waiting for the Sunrise

1919
作詞/ユージーン・ロックハート Eugene Lockhart
作曲/アーネスト・スィーツ Ernest Saitz

内容:
解説、英詞、日本語訳
配信方式:
ストリーミング
購読期間:
無期限
価格
250円(税込270円)
カートに追加

《SNS ディスカウント》

ツイート、いいね!、G+1で5% OFF! お会計時に本品を値引させていただきます。

この曲はユージーン・ロックハートが作詞し、アーネスト・スィーツが作曲したもので、第一次大戦後のバラードとして’19年にヒットした。売れたのはヴィクターから発売されたロイ・バーギィ Roy Bargy 編曲のベンソン・オーケストラのレコードと、ジョン・スティールの歌とフリッツ・クライスラーのヴァイオリンをヴィクター・サロン・オーケストラが伴奏したレコードだった。そしてこれは’20年代をつうじてポピュラーな曲となり、’28年のフランク・バンタ Frank Banta のピアノ・ソロや’40年代初めのベニー・グッドマン・セクステットのものが売れたが、’50年代初めにファイアハウス・ファイヴ・プラス・トゥーのレコードが売れ、さらにレス・ポールとメリィ・フォードのレコードで大きくリヴァイヴァルした…

── 本文より

─ 購読について ─

  • コンテンツをご覧いただくにはインターネットへの接続が必要です。
  • 本品をご購入いただきますとこちらのページがアクティベートされ閲覧可能になります。
  • ご購入済みコンテンツは購入履歴でご確認いただけます。
This entry was posted.