[購読]The Peanut Vendor

1931
英詩/L・ウルフ・ギルバート L. Wolfe Gilbertマリオン・サンシャイン Marion Sunshine
作曲・原詩/モイセ・スィモン Moises Simons

内容:
解説、英詞、日本語訳
配信方式:
ストリーミング
購読期間:
無期限
価格
250円(税込270円)
カートに追加

《SNS ディスカウント》

ツイート、いいね!、G+1で5% OFF! お会計時に本品を値引させていただきます。

これはキューバの曲で、英詩をつけて1931年にアメリカでヒットした、いわばラテン・ヒット曲の草分け的存在である。もともとハヴァナの若いピアニストのモイセ・スィモンが’26年(’28年という表記もあった)に書いた[El Manisero]という曲で、すでにキューバで有名になっていた。楽譜出版大手のマークスの社長 E. B. Marks の息子ハーバート Herbert Marks がキューバへ旅行したときにこれを聴き、父に英詩をつけてぜひ出版したほうがいいと勧め、それは早速ルイス・リテンバーグ Louis Rittenberg の英詩で出版された。だがキューバのバンド・リーダーのドン・アスピアス Don Azpiazu は、義理の姉妹マリオン・サンシャインが書いた英詩を作詞家のウルフ・ギルバートに手直ししてもらってすぐにレコードを出し、’31年にニューヨークで彼のバンドがデビューすると、この曲はあっという間に大きなヒットとなった…

── 本文より

─ 購読について ─

  • コンテンツをご覧いただくにはインターネットへの接続が必要です。
  • 本品をご購入いただきますとこちらのページがアクティベートされ閲覧可能になります。
  • ご購入済みコンテンツは購入履歴でご確認いただけます。
This entry was posted.