[購読]Kansas City

1952
作詞・曲/ジェリー・リィバー Jerry Leiberマイク・ストラー Mike Stoller

内容:
解説、英詞、日本語訳
配信方式:
ストリーミング
購読期間:
無期限
価格
250円(税込270円)
カートに追加

《SNS ディスカウント》

ツイート、いいね!、G+1で5% OFF! お会計時に本品を値引させていただきます。

ジェリー・リィバーとマイク・ストラーの二人の手になるブルースで、映画やミュージカルとは関係なく1952年に作られている。同年リトゥル・ウィリー・リルフィールド Little Willie Littlefield が歌い、それは小さなヒットに留まったが、’59年にウィルバート・ハリソン Wilbert Harrison が歌って大きなヒットになっている。それからは多くの人が録音し、なんと300点も出ているという。

 リィバーとストラーの二人はLA出身で、この曲を作ったとき揃ってまだ19歳だった。チャールズ・ブラウン Charles Brown の[Hard Times]を書きヒットさせたばかりで、まだホヤホヤというところだったが、彼らはキャンザス・スィティのことなどなにも知らず、ジョウ・ターナー Big Joe Turner のレコードを聴いて触発されてこの曲を書いたという。プロデューサーのラルフ・ベイス Ralph Bass の希望で、リルフィールド用に当時ウェスト・コウスト・ブルースと言われていた曲調で書いたのだ。ストラーがピアノを弾き、リィバーが言葉を呟いたりして自然に成り行き任せで曲を作るのが彼らのやり方で、[Hound Dog]は十分、[Kansas City]は一時間未満でできあがったという…

── 本文より

─ 購読について ─

  • コンテンツをご覧いただくにはインターネットへの接続が必要です。
  • 本品をご購入いただきますとこちらのページがアクティベートされ閲覧可能になります。
  • ご購入済みコンテンツは購入履歴でご確認いただけます。
This entry was posted.