[購読]I’ll Be Seeing You

1938
作詞/アーヴィング・カール Irving Kahal
作曲/サミー・フェイン Sammy Fain

内容:
解説、英詞、日本語訳
配信方式:
ストリーミング
購読期間:
無期限
価格
250円(税込270円)
カートに追加

《SNS ディスカウント》

ツイート、いいね!、G+1で5% OFF! お会計時に本品を値引させていただきます。

これはアーヴィング・カール作詞、サミー・フェイン作曲で、1938年のミューズィカル【Right This Way】に使われた曲である。そのなかではタマラ・ジーヴァ Tamara Geva が歌ったが、このミュージカルは失敗してすぐに閉めた。デヴィド・A・ジェイスンは、この曲はトニー・マーティン、ルディ・ヴァレーらが出演したロサンジェルスの【Royal Palm Revue】に入れられたと書いているが、この点は確認できなかった。またデヴィド・イーウェンは、フレディ・マーティンの楽団がレコーディングしようとしたがミュージシャンのストがあって果たせなかったと書いている。音楽家ユニオンの録音ストはちょうどこの頃だった。というわけでこの曲はそのまま五年間ねむっていた。だが’43年から’44年ににかけてヒルデガルド Hildegarde (1906–2005、キャバレイ歌手でダンサーで’30、’40年代非常に売れていた。名字なしでファースト・ネイムだけで売り出した最初の例だった)やフランク・スィナトラらに歌われてリヴァイヴァルしていった…

── 本文より

─ 購読について ─

  • コンテンツをご覧いただくにはインターネットへの接続が必要です。
  • 本品をご購入いただきますとこちらのページがアクティベートされ閲覧可能になります。
  • ご購入済みコンテンツは購入履歴でご確認いただけます。
This entry was posted.