[購読]I Left My Heart in San Francisco

1954
作詞/ダグラス・クロス Douglass Cross
作曲/ジョージ・コウリィ George Cory

内容:
解説、英詞、日本語訳
配信方式:
ストリーミング
購読期間:
無期限
価格
250円(税込270円)
カートに追加

《SNS ディスカウント》

ツイート、いいね!、G+1で5% OFF! お会計時に本品を値引させていただきます。

ダグラス・クロスとジョージ・コウリィが’54年に作った曲で、’62年にトニー・ベネットが歌って三百万枚以上売れる大ヒットとなった。ベネットは’50年代にパール・ベイリィやボブ・ホウプに見いだされてデビューしたが、このころはパッとせずこの曲が起死回生のヒットとなった。またこのヒットで彼はグラミー賞も受賞している。

このクロスとコウリィの二人も[It’s a Sin to Tell a Lie]のビリー・メイヒューと同様の一発屋で、作品がこれしかなく、経歴など詳しいことは一切調べることができなかった。これは’54年につくられたがヒットせず、歌詞が書き直されたというが、それについてもどこがどう書き直されたのかもはっきりとは判らなかった…

── 本文より

─ 購読について ─

  • コンテンツをご覧いただくにはインターネットへの接続が必要です。
  • 本品をご購入いただきますとこちらのページがアクティベートされ閲覧可能になります。
  • ご購入済みコンテンツは購入履歴でご確認いただけます。
  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
This entry was posted.