[購読]I Heard the Bells on Christmas Day

1872
作詞/ヘンリー・ワズワース・ロングフェロウ Henry Wadsworth Longfellow
作曲/ジョン・バプティスト・キャルキン John Baptiste Calkin

内容:
解説、英詞、日本語訳、New 楽譜(リードシート)
配信方式:
ストリーミング
購読期間:
無期限
価格
450円(税込495円)
カートに追加

《SNS ディスカウント》

ツイート、いいね!、G+1で5% OFF! お会計時に本品を値引させていただきます。

この曲の歌詞はハーヴァード大学で17年間教えていた文学者で詩人のヘンリー・ワズワース・ロングフェロウ(1807-1882)が、アメリカの南北戦争の最中の1863年に書いたもので、クリスマス讃歌でありまた反戦歌でもあった。その年の12月25日にロングフェロウはクリスマスの鐘がなるのを聴いていて、前年の11月に彼の息子チャールズ・ロングフェロウ中尉が戦闘で重傷を負ったことやこの同胞さつりくというやりきれない戦争全体をなげいて、[Christmas Bells]という詩を書いた。またこれには、その二年前に二番目の妻ファニーの着衣にろうそくの火が燃え移って、彼女が亡くなったことも大きな要因となった(彼の最初の妻は結婚の四日後に病死、七年後に再婚、その後五人の子を設けている)…

── 本文より

─ 購読について ─

  • コンテンツをご覧いただくにはインターネットへの接続が必要です。
  • 本品をご購入いただきますとこちらのページがアクティベートされ閲覧可能になります。
  • ご購入済みコンテンツは購入履歴でご確認いただけます。
This entry was posted.