[購読]Good King Wenceslas

イギリス民謡
(作詞/ジョン・メイソン・ニール John Mason Neale

内容:
解説、英詞、日本語訳、New 楽譜(リードシート)
配信方式:
ストリーミング
購読期間:
無期限
価格
450円(税込486円)
特別価格
250円(税込270円)※ 2017年12月25日迄
カートに追加

《SNS ディスカウント》

ツイート、いいね!、G+1で5% OFF! お会計時に本品を値引させていただきます。

これは元もとはラテン語の[Tempus Adest Floridum]という曲で、13世紀につくられた Spring carol とも dance carol とも言われるものだ。題名の意味は〝春がやってきて花を開かせた〞といったもので、かなりテンポの速い陽気なダンス曲だったらしい。かたちに残るものとしては、最初に1582年のスウェーデンの《Piae Cantiones》という曲集に載せられた。従ってフィンランドか北欧地域に伝わるトラディショナル曲だと言われている。それから1853年にその曲集のコピーをゴードン G. J. R. Gordon というストックホルム駐在のイギリス公使がサセックスのジョン・メイソン・ニール(1818-1866)牧師に贈呈し(そのコピーは現在も英国博物館に保存されているという)、同年ニール牧師とチェルスィのトーマス・ヘルモア牧師 Thomas Helmore(1811-1890)が12曲の聖歌集《Carols for Christmas-Tide》を出して、そのなかにニールが英語の歌詞を(〝翻訳した〞と書いている資料もあったがたぶん間違いで)創作してこの曲を載せた…

── 本文より

─ 購読について ─

  • コンテンツをご覧いただくにはインターネットへの接続が必要です。
  • 本品をご購入いただきますとこちらのページがアクティベートされ閲覧可能になります。
  • ご購入済みコンテンツは購入履歴でご確認いただけます。
This entry was posted.