[購読]Don’t Be That Way

1938
作詞・曲/ベニー・グッドマン Benny Goodmanエドガー・サンプソン Edgar Sampsonミッチェル・パリッシュ Mitchell Parish

内容:
解説、英詞、日本語訳
配信方式:
ストリーミング
購読期間:
無期限
価格
250円(税込270円)
カートに追加

《SNS ディスカウント》

ツイート、いいね!、G+1で5% OFF! お会計時に本品を値引させていただきます。

エドガー・サンプソンが1938年に書いた曲で、ミッチェル・パリッシュが歌詞をつけたものだが、われわれにはなんと言ってもグッドマン楽団の当り作としての印象が強い。この曲のクレジット(著作権の表示)に一時はチック・ウェプ Chick Webb の名が載っていたが、最近のアメリカの出版物からは落ちている。ドラマーのウェブの率いるバンドにサンプソンが在籍していたのは’33〜’37年の間で、正確にはこの間にサンプソンはインストゥルメンタルとしてこの曲を書いたが、パリッシュが’37年に作詞にとりかかり、クレジットには’38年と書かれている。’37年から7年間サンプソンはアレンジャーとして生活し、この曲は[Stomping at the Savoy]、[Lullaby in Rhythm]とともに、グッドマン楽団のために編曲してヒットしたものだ。曲のクレジットにはバンド・リーダーや目上の関係者が名を達ねることが多いが、これは事実上サンプソンの作曲である…

── 本文より

─ 購読について ─

  • コンテンツをご覧いただくにはインターネットへの接続が必要です。
  • 本品をご購入いただきますとこちらのページがアクティベートされ閲覧可能になります。
  • ご購入済みコンテンツは購入履歴でご確認いただけます。
This entry was posted.