[購読]Almost Like Being in Love

1947
作詞/アラン・J・ラーナー Alan J. Lerner
作曲/フレデリック・ロウ Frederick Loewe

内容:
解説、英詞、日本語訳
配信方式:
ストリーミング
購読期間:
無期限
価格
250円(税込270円)
カートに追加

《SNS ディスカウント》

ツイート、いいね!、G+1で5% OFF! お会計時に本品を値引させていただきます。

これはラーナーとロウのコンビが’47年につくったミュージカル【Brigadoon】のなかに使われた曲で、デイヴィド・ブルックスとマリオン・ベルによって歌われた。また’54年の映画化『Brigadoon』(MGM)ではジーン・ケリーが歌った。

物語りはラーナーが書いたが、彼は《Peter Pan ピーター・パン》などを書いたスコットランドの劇作家・小説家J・M・バリー Sir James Matthew Barrie (1860-’37)に影響を受けたようだ。Brigadoonとは架空のスコットランドの村のことで、そこを訪れたアメリカ人が200年前からタイム・スリップしたかのように飛び出してきた乙女に恋してしまう、というふうに話しが展開していた。ラーナーとロウはこれを’47年より前に書きあげていたが、この作品をプロデュースしてくれる人物はなかなか見つからなかった。最初にスィアター・ギルドにもちこんだが断られ、以下ジョン・C・ウィルソン、ジョージ・アボット、ハーマン・シャムリン Herman Shumlin、そしてロジャーズとハマースタイン二世のコンビにももちかけたがすべて断られた…

── 本文より

─ 購読について ─

  • コンテンツをご覧いただくにはインターネットへの接続が必要です。
  • 本品をご購入いただきますとこちらのページがアクティベートされ閲覧可能になります。
  • ご購入済みコンテンツは購入履歴でご確認いただけます。
This entry was posted.