[購読]A Child Is Born

1969
作詞/アレック・ワイルダー Alec Wilder
作曲/サッド・ジョーンズ Thad Jones

内容:
解説、英詞、日本語訳
配信方式:
ストリーミング
購読期間:
無期限
価格
250円(税込270円)
カートに追加

《SNS ディスカウント》

ツイート、いいね!、G+1で5% OFF! お会計時に本品を値引させていただきます。

この曲はトランペッターでバンド・リーダーだったサッド・ジョーンズが作曲したもので、ピアニストのアレック・ワイルダーが作詞している。つくられたのは’69年でまだ新しい。

サッド・ジョーンズ(’23-’86)はハンクとエルヴィンの三兄弟の真ん中に生れた人で、カウント・ベイスィ楽団のトランペットを担当していた。その後メル・ルイスと組んでビッグ・バンドをつくり、来日もしたが、その音の素晴らしさにはわれわれ日本のファンはとても驚かされたものだ。当然この曲もそのレパートリィに入っていた。そのサッド・ジョーンズ/メル・ルイス・オーケストラの音の素晴らしさは彼のアレンジングによっていたわけだが、その指揮ぶりも見事だった。通常のバンド・リーダーのそれとは違ってとても力感あふれるもので、気持ちがこもっているせいか聴衆も思わずそれに引きこまれていってしまう、そんな不思議な魅力をもっていた…

── 本文より

─ 購読について ─

  • コンテンツをご覧いただくにはインターネットへの接続が必要です。
  • 本品をご購入いただきますとこちらのページがアクティベートされ閲覧可能になります。
  • ご購入済みコンテンツは購入履歴でご確認いただけます。
This entry was posted.