カテゴリー別アーカイブ: Rik’s Talk

My Romance の更新

My Romance を改定更新しました。近日中にアップされると思います。この曲もいろいろあって、訳が難しい類ですね。でもロレンズ・ハートの曲は魅力いっぱいで、歌詞の訳のなかでもいつも一番力が入るところです。皆さん、どう […]

斉藤和英について

斉藤和英について  ファーラウトが前の場所から今のところへ引っ越したとき、僕は自分の家も一緒に引っ越し、減量のため大量の本とレコードを処分しました。本はブックオフに電話してダンボール箱に30箱、1400冊ぐらいだったと思 […]

悪訳、誤訳について

この度、よそのサイトに載っていた訳で、ひどい内容のものに目を通してみて、 [Angel Eyes] 、 [For All We Know] 、 [All Too Soon]、[Angel Eyes] 再度、 [I Can […]

村尾陸男の講座や演奏の出演のこと

9月30日15時に山手のワラネに出ます。極上のベヒシュタインというピアノを使っての弾き語りです。楽しいいい時間で、そんなピアノにさわれるだけでもありがたいです。ここのところJazz-Lyrics.comの旧稿を更新してい […]

You Turned the Tables on Me を更新しました。

You Turned the Tables on Me を更新しました。このturn the tables on me は曲者です。これもずっと誤訳されてきたフレイズですね。本当に少しずつ、一歩一歩正しい訳に近づいていく […]

[Speak Low]の解釈について更新しました

[Speak Low]はオグデン・ナシュ Ogden Nash作詞、カート・ワイル Kurt Weill作曲で1943にミューズィカル【One Touch of Venus ヴィーナスの接吻】に挿入された曲です。舞台では […]

[Round Midnight] と〈研究-セロニアス・モンク〉

[Round Midnight] の更新版と新稿〈研究-セロニアス・モンク〉を上梓しました。モンクの曲は数は多くないのですが、いい曲が多いですね。デューク・エリントンについで最も多く録音されている作曲家だそうです。と言っ […]

But Beautifulの解釈最新版です

村尾陸男からの最新版のお知らせです。 よく歌手が [But Beautiful] を歌う前に、マイクをとおして解説をし「恋とは楽しくまた悲しく、そして狂おしかったりするけれど、しかし美しい、というこの歌が私は大好きです」 […]

村尾陸男から皆さんへ年賀状です。

2017年の新年、あけましておめでとうございます。 村尾陸男から皆さんへの年賀状です。このあいだある年配の人が年賀状を出すのを昨年で終了させてもらったと言っていたのを聴いて、僕は本当のところ驚きました。そんなことができる […]