悪訳、誤訳について

この度、よそのサイトに載っていた訳で、ひどい内容のものに目を通してみて、 [Angel Eyes] 、 [For All We Know] 、 [All Too Soon]、[Angel Eyes] 再度、 [I Can’t Get Started] 、[I’ll be seeing you] など、あまりにもひどいものについて、取りあげていろいろ考えてみました。近々とアップしますんで目を通してみてください。

 

訳の難しさは、最初の段階では英語力なんですが、ある程度をすぎると問題は日本語力に移ってきます。日本語の構築は難しいです。英語ももちろん難しいですけど、英語はいくらか論理的に構築できるのに対して、日本語の文は論理的に構築できるとは言えないかもしれないです。これは言い過ぎですが、論理的に構築することが難しいほど、日本語文法は合理的にできていないとは言えるかもしれません。

 

これは難問で簡単には論じられないことですが、これらの悪訳、誤訳をよく読んでみると、日本語の構築は難しいと思い知らされます。皆さんにもこれらの点を一緒に考えてもらえると嬉しいです。もう少々お待ちください。 村尾陸男