ヘプバーンの発音について

ガーシュウィン兄弟の曲で、オードリー・ヘプバーンが映画『Funny Face』で主演し歌った [How Long Has This Been Going On?] を改定しました。間もなく掲載されます。それから次に更新する曲は偶然 [I’ve Grown Accustomed to Her Face] で、これもヘプバーンが映画『My Fair Lady』で主演し歌いましたね。ヘプバーンの曲が2曲つづきましたが、このヘプバーンHepburnという名前がクセモノです。

Hepburnのpはまったく発音しないか、発音してもほんの僅かで、多くはほとんど発音しません。地方によって人によって少し異なるようです。そのためにヘップバーンと日本式に詰まらせるとプが大きくなり、英米人にはたいてい通じません。ヘップバーンという日本語表記がまずいんですね。だからせめてヘプバーンとッをなしで表記すればまだ良かったでしょう。

へバンとかへバーンと表記すればさらに良かったでしょうね。もちろんこれは言語間に立ちはだかる難しい問題ですが、もうほっぽっておくべきことではないように思えます。それで新たに「研究–英語の人名などの日本語表記について」を書き下し、掲載しましたから一読してみてください。これはジャズ詩コムに入ってくる人すべてに読んでもらいたいので、無料で閲覧できるようにしました。ぜひご一読ください。

村尾陸男/12-31-2016

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加